『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『パパ作・・・』
ヒョウのテーマ  パパ作


♪ 股間(コカン) 股間(コカン) 
  ちっちゃいけど いちにんまえ~ ♪



ママ「・・・・・・」


あいかわらずヨゴレです・・・。
スポンサーサイト
【2007/03/21 01:32】 ママ視点 | トラックバック(1) | コメント(2) |
『ママに“ブサイク固め”!』
HYOくんがウンチをすると、“うんち処理班(ママ)”が出動します。
うんち処理のキットは、
*替えのおむつ
*お尻にはたくパウダー
*タオル(おむつ替えのときにお尻の下に敷く)
*サラシ
*スキナベーブ(赤ちゃん用入浴剤)
以上5点。
HYOくんはマメにおむつ替えしてもお尻がかぶれたことがあったので、刺激の強いおしり拭きは使いません。おしり拭きだと、ごしごしこすらないとこびりついたウンチが落ちにくいし、それで肌をいためてしまうのです。


こびりつきウンチは、スキナベーブを入れた湯でしぼったサラシでふきとることにしています。石鹸不要の入浴剤だけあって、強くこすらなくてもウンチが落ちるし、肌に優しいので重宝しています。


もうひとつ、かぶれ防止として、お尻を拭いた後、丁寧に乾かしてパウダーをはたいてからおむつをつけています。乾かすのにドライヤーを使うといいと聞いたのですが、毎回持ち出すのはさすがに面倒なので、手近にある物をうちわがわりにして扇いだり、口で息をふーふー吹きかけたり(パパに見られると頭をゴツンされます)しています。ふーふーしている最中にうんちやオシッコをされたことは、幸いにしてありませんが、G3(毒ガス)を「ぷぅっ」と吹きかけられたことはあります(笑)


さて・・・
そうしてウンチおむつ替えをしていたときのこと。
処理を終え、いつものように「ふーふー」しようとかがみこんだところで、HYOが「あう~」「URYYYYYYY」に続く新しい言葉を発しました。



HYO「フォーーーーーーゥ!」
H「!!」
K「!?」


H「い、いま、“フォーーーーーーゥ!”っていったよね・・・?」
そこで気づいたのですが、股間全開のHYOと、かがみこんでいる私。


こ、この姿勢はっ・・・!
技(?)をかける者が寝ていて、かけられる者が起きているだけで、位置関係はまさにブサイク固め(レイザーラモンHGの技)ではありませんかっ!!
そこへ「フォーーーーーーゥ!」とは・・・。

ほんとHYOくんてば、ネタ満載な息子です。
【2007/03/13 00:42】 ママ視点 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『飛び散る涙』
先日、HYOと一緒に「母と子の一ヶ月検診」に行ってきました。
もう一ヶ月・・・早いものです。HYOは体重が4550gになっていて、順調順調(^^)


ただ・・・「臍ポリープ」なるものが発見されました(T_T)
ヘソの緒が取れたあとにぽっこり、白い芯のようなものが残っていたので気になっていたのですが、それがポリープだったのでした・・・。
そのままにしておくと、おヘソのじくじくが止まらないので、翌日に小児科へ。通常は絹糸で縛ったり、硝酸銀で焼くそうなのですが、HYOのポリープは小さすぎて処置できないので、じくじくを乾かすパウダーをもらって2週間ほど様子見ということになりました。


2日連続で病院へお出かけって、赤ちゃん(とママ)にはツライものです・・・。
ところが、またまたHYOの不調を発見! 
左の耳がミョーにクサイ!
ちょこっと綿棒を入れてみると、黄色い耳だれがついてきました。こりゃイカン!と、耳鼻科を受診。3日連続の病院通いです・・・。


幸い、外耳炎にもなっていないとのことで、点耳薬を入れてもらいました。ついでに最近鼻づまりがヒドイので、吸引してもらうことに・・・。

ここまでは眠っていたHYOくん。
モノスゴイ機械音と共に、鼻に突っ込まれたチューブで鼻糞を吸い取られてびっくり仰天!


「WRYYYYYYYYYYYY!」


出てしまいました(笑)
しかも、涙つき。


最初に彼が泣くのを見たときに驚いたことなのですが、HYOは文字通り、涙を「飛び散らせて」泣きます。スポイトでぴゅっと出すような感じ(パパに言わせると、「注射をうつ前に空気を抜くために注射器を押して中身が飛び散るような感じ」)。
ほんと、マンガみたいです(笑) 涙も丸い粒状で。
赤ちゃんてみんなそうなのかしら?

とにかく、忙しい3日間でありました。
【2007/03/11 01:45】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『そこで、このHYOは考える』
ちょびっと大きめに生まれた(そして予定日を過ぎてもママのお腹にいた)HYOは、心身の発育もちょびっと進んでいるようです。


まず、新生児は首が据わっておらず「クタッ」としているものですが、HYOは生まれて2~3日後には、すでに自らの力で首を「よいしょっ」と持ち上げようとしていました。退院後に「赤ちゃん訪問」で来てくれた助産師さんも、HYOがもう自力で首を回すのにびっくりしてましたね(笑)


それから、視力。新生児はぼんやりとしかモノが見えていないものらしいのですが、生後10日ほどでパパやママを目で追うようになったし、焦点の定まりも早かったです。


そして極めつけが、手足の力。
お腹にいるときからかなり暴れる子だったのですが(特にキック力は壮絶。南斗白鷺拳でも修得できそうな勢い)、生まれてもその能力は健在(健脚商売ですな)。まだ生後一ヶ月経っていないというのに、ベッドの中でズルズルと下方に移動したりするので、危なくて目が離せません・・・。
なんかパラパラらしき踊り(目が覚めているときに決まって披露する)を踊っているうちに、どんどんずり落ちていくんですね。布団にもぐった状態を発掘したことが2度ほどあるので、3分以上独りにしておかないように気をつけています。


ところでHYOは、ママのベッド(添い寝つき)とパパの抱っこ(もしくは腹の上)以外で眠るのが好きじゃないようです。しかも、寝かしつけられた後も、たまに薄目を開けてこちらの動きをチェックしたりします。
ここで目が合ったりすると、おめめパチクリ。また最初から寝かしつけにトライする羽目になったりします・・・(^^;)

これ、どういうことでしょうねえ・・・? 偶然目を開けたら動くモノが見えて興味を持っただけなのか、それとも本当にチェックする気でチェックしているのか?(笑) そういう「思考」が芽生えている年齢とは思えないけど・・・。
ほんと、赤ちゃんて不思議です。
S_070218_1357~001.jpg

【2007/03/07 00:30】 ママ視点 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『遺伝・・・?』
K(パパ)は、連続してくしゃみするとき、


「ハークション、ックション、ックション、ックション、ええい、チクショー!」


・・・と、最後に妙な付け足しをします。


HYOがくしゃみするときも、


「ハークション、ックション、ックション、ックション、あう~~!」


・・・と最後に付け足しがあることが多いです(笑)

ちなみにこの「あう~!」は、溜息のようにつぶやかれることもあれば、「あう~~~!(怒)」と半ギレ気味の場合もあったりします。


ちなみに、おならがよく出るのもパパの遺伝かも(笑)
ま、げっぷの出がよくないせいなんですけどネ。げっぷで排気できないときは、おならとなって出るそうなんです。
寝ながらよく、「ぶっ」とやっています。
KC330013.jpg

【2007/03/05 00:16】 ママ視点 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『カタパルトへ!!』
Hです・・・。
新米ママの私は、オムツ交換がすばやくなかとです・・・。


こないだも、オシッコたっぷりおむつを外し、湿ったおしりにパウダーをはたこうとグズグズやっていたら、HYOにオシッコ(再充填してたらしい)発射されてしまいました・・・。
しかも、おしりをあげた状態だったので、オシッコは綺麗な放物線を描いて、HYO自身の顔へ・・・(T_T) 
目や耳に入ってしまい、本人も大パニックで、ぎゃんぎゃん泣かれてしまったとです・・・。


うんちオムツの交換の難しさは、オシッコおむつの比ではありません。
うんちの場合、すべて出きったかどうかを見極められるか否かがポイントです。HYOは大抵の場合、1回の「ウ~ン・・・!」では全弾発射することはないようで、常に残弾を確保しておくようなのです。
その残弾が果たしていつ出てくるのか・・・? 次回のミルクの後か、それともまさに今この時、このオムツ交換の最中に発射されるのか・・・。毎回、まるでロシアンルーレットのような気分を味わえます。


そして新米ママは、大抵の場合、うんちオムツ交換のタイミングを見誤ります。
どう見誤るのかというと・・・、


「スレッガーさん、早い、早いよ!!!!!!」


そう。早いんです。
「よし、ぜんぶ出た!」と嬉々としてオムツ替えにかかっても、HYOの「隠し弾」がカタパルトで発射準備完了していたりするのです。
その全弾が、ヒョウ・オブ・ジョイトイ(M字開脚)させて、お尻の穴にこびりついたゆるゆるうんちを拭き取っている際に発射されることが多々あります・・・。


いままでのところ、おふろの中でされたことはまだありません。
パパに入れてもらうおふろが大好きなHYOくん。お願いだから今夜も、お湯をよごす前に全弾出し切ってちょうだいね(^^;)
070214_1948~001.jpg

↑入浴後のHYOくん。お地蔵さんみたいな笑顔に(笑)
【2007/03/04 21:01】 ママ視点 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『Hyo君人間をやめる』
お初の方初めまして、そして見た事ある方こんにちは。

Hyo君のパパKです。以後ヨロシク

タイトルは何かと言うと某マンガのパロです。
で、何があったを説明しましょう。


家に帰ってHyo君の顔を覗きに行ったときの事です。
いつものように、仕事から帰って、いつもの階段をかけあがり、バッグを置き、コートを脱ぎ、スーツを脱ぎ、さぁ愛しのHyoの寝顔を盗撮だ!

と気持ちよく寝ているHyo君の寝顔をハリキって覗きに行ったときにバッグを足にひっかけましてね、
カタン!とちょっぴり大きな音がしたそのとき

Hyo:「URYYYYYYYYYYYY!!


K:!?
H:!!


妻Hは慌ててHyo君の顔を覗きこんでましたけどね、それより私はHyo君の見事なURYYYYYに妄想が駆け巡ってました。


H:どうしたのHyo君…
K:今URYYYYYYって言ったよね(笑)


K:あれだよ、夢見てたんだよ。
  たぶん、某マンガの主人公になってる夢みてて、
  石仮面発掘に成功してさ、
  おそるおそる被ろうとしてるトコでカタン!
  って音したから、石仮面発動しちゃったんだよ(笑)


H:えー(笑)


たぶん睡眠妨害されてキレたんだと思いますけどね、
その後も爆睡してました。
さて今日のネタはこのへんで~

テーマ:パパの育児 - ジャンル:育児

【2007/03/04 03:21】 パパ視点 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『眠らぬ若君』
『生後一ヶ月未満のいわゆる新生児は、一日の大半を浅い眠りのうちに過ごします。2~3時間おきにおっぱい、そしてねんね。お腹をすかせては起きて泣き、満腹すると再び眠る、といった具合です』


大抵の育児書には、こんなことが書かれています。
赤ちゃんに接するのが初めての新米ママである私は、それを全面的に信じておりました。


マ・チ・ガ・イ!


うちのHYOは確かに、夜は2~3時間おきの授乳後、ぐっすりと眠りにつきます。
しかし、昼間。
寝ない! ほっとんど寝ない!!
おっぱい(またはミルク)は飲んだ。おむつも替えた。室温湿度も適温。着せすぎもない。


ようやく慣れてきた横だっこで、歌を唄いながらウロウロ。目はとろ~ん、呼吸も深くなってくる。
だのに突然、眼をバッチリ見開いて、


「えぎゃあぁぁぁぁ、えぎゃあぁぁぁぁぁ・・・!」 (号泣。そりゃもう空が落ちてきたかと思うほどの)


なぜなんだ、息子!?


いったん泣きだすと、泣いてる事実にコーフンするのか、ますますひどくなっていく。顔は真っ赤、汗は噴出、呼吸は乱れる、手足は突っ張る、もうね、なにか発作でも起きたのかと焦っちゃいますよ。
どこか痛いのか? 苦しいのか? 死兆星でも見えたのか? と。 


帰宅後最初の一週間は、このために半ノイローゼ状態でした。
育児書で頭でっかち状態、加えて、授乳でほとんど寝てないせいもあり、マタニティブルーらしきものにもとらわれ、不安と心配がMAX値に達して、息子に負けず劣らずの大声で泣きながら過ごしました。仕事中のパパに「早く帰って来て! HYOがおかしい! 病院に連れて行く!」とヒステリックなメールを送ったこともあります。


病院に行ったら結局、「この子、お腹すいてるんですよ。あまりマニュアルにとらわれず、欲しいだけ飲ませてみてください。泣き方は個性だからねえ、この子は元気があるぶん、泣き方も激しいんですよ」とのこと・・・。


『個性』かあ・・・。
ホッとしたあまり、家に帰ってからひとしきり号泣したあと、改めてその言葉を考えましたね。
育児書に書いてあったから、産院でこう言われたから、・・・そういうのに振り回され過ぎていたのかな、と。「一般的な新生児」像と比較して、あたふたしすぎているのかもしれない・・・。


気分転換にネットの某育児コミュニティで『新生児 寝ない』を検索したところ・・・
あるわあるわ。ウチの子だけじゃない。似たような悩みを抱えた家庭がいっぱい出るわ出るわ。


なんだか慰められましたね。みんなそれぞれ、手探りで原因や解決法を見つけようとしていて、「ああ、私だけじゃない。どこの家庭もわからないなりに理解しようと必死で頑張っているんだ」と思うと、なんか切羽詰った最前線で援軍の鬨の声を聞いた気分でした。


ママ、もう少し余裕をもつようにするね、HYO。
【2007/03/04 02:04】 ママ視点 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『誕生 ~HYO降臨~』
199X年・・・ 
いや、2007年2月某日。某産院。
身長53cm、体重3350gの超イケメンが、この世に君臨すべく産声をあげた。


前の晩から陣痛が始まるも産道がなかなか開かず、無理いって痛み止めまで投与してもらい、挙句、「お願い、出して先生! ラクにしてぇ~!!」と絶叫のうちに頼みまくり、切腹(帝王切開/ハラキリともいう)の末の誕生でありました。


命名:HYOくん。


070209_1752~001.jpg



睫毛バチバチで弓なり眉毛のHYOくん(ただし前髪は薄い)は、新生児室でいちばん大きく、泣き声もいちばんの(そのボリュームは、泣く子を黙らせ、泣かぬ子を泣かす)パワフルベビーでした。


7日間の入院生活の後、パパがお迎えに来て、いよいよ我が家でのハッピーライフの始まりです。
年の離れた弟さんの面倒をみていたことがあるパパと違い、ひとりっ子のママは『赤ちゃん』というものに不慣れで、HYOくんに接するのもおっかなびっくり。
実際、抱っこもおむつ替えもパパのほうがはるかに上手で、ぎくしゃくなママの手に渡った途端に泣き出されたことも数知れず・・・。


パパが会社に行っている日中は、ママとHYOのふたりきり。
果たして大丈夫なのかしら・・・? 私のせいでHYOに何かあったらどうしよう・・・(;;) ものすごい不安に襲われました。


でもでもママ、精一杯がんばるからね!
いまはお互いに(←たぶん)戦場で一騎討ちの気分だけど、いつの日か(そう遠くないことを祈る・・・)絶対、ママとHYOのツープラトンを決められる日がくることを信じています(><)
【2007/03/04 00:58】 ママ視点 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『はじめに』
はじめまして、ブログ主のが送る、親バカ日記でございます。
親バカの偏見と独断を元に面白おかしく、時に真面目に育児内容を更新してゆく所存でございます、まずは構成員などご覧あれ


主人公:ヒョウ
妄想主:K&H

提供:親バカの妄想

ま、こんなところで勘弁してください。
ではでは詳しい事は後のブログに掲載するかもしれません。
お目汚しではございますが、何卒、よろしくお願い致します。

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

【2007/03/03 23:39】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。