『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『胃腸炎と脱水症状』
お久しぶりの更新です、ぶっちゃけ見に来る人がいるかどうかわからない限りですが、こんばんは。


GW過ぎましたね。みなさん何して遊んだのでしょうか?
うちは5/4頃からパパ原因不明の発熱!

しかも39度とか出てるし。。。

しつこい頭痛に手足、腰の痺れにもう大変

救急病院逝って来ました、医者もハッキリ風邪とも言わず
脱水症状じゃないかなぁ。。。?てなもんです。

点滴打ってなんとか痛みは治まったものの熱はひかず。

5/5 39度
5/6 38度
5/7 38度
5/8 37度
5/9 37度
5/10 36度

こんな感じでなかなかしつこかったんですよ。

パパはどうなってもいいって話なんでここからが本題

5/6あたりから生後3ヶ月の息子まで発熱!
39度とか出してました。

子供が耐えられる熱なのだろうかと言う疑問もありながら急いで病院&点滴でした。

次の日昼間お休みして病院で再度診察してもらったところ胃腸炎らしいとのこと

パパも似た症状なんでパパもじゃね?と言うことらしいです。

次の日には熱はケロっと下がり残るは胃腸炎ウィルスとの闘いです。

ママンがHYOの下痢と格闘してました。

みなさま帰ったらうがい手洗いするんですよ?
スポンサーサイト

テーマ:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - ジャンル:育児

【2007/05/10 18:56】 パパ視点 | トラックバック(1) | コメント(1) |
『パパ作・・・』
ヒョウのテーマ  パパ作


♪ 股間(コカン) 股間(コカン) 
  ちっちゃいけど いちにんまえ~ ♪



ママ「・・・・・・」


あいかわらずヨゴレです・・・。
【2007/03/21 01:32】 ママ視点 | トラックバック(1) | コメント(2) |
『ママに“ブサイク固め”!』
HYOくんがウンチをすると、“うんち処理班(ママ)”が出動します。
うんち処理のキットは、
*替えのおむつ
*お尻にはたくパウダー
*タオル(おむつ替えのときにお尻の下に敷く)
*サラシ
*スキナベーブ(赤ちゃん用入浴剤)
以上5点。
HYOくんはマメにおむつ替えしてもお尻がかぶれたことがあったので、刺激の強いおしり拭きは使いません。おしり拭きだと、ごしごしこすらないとこびりついたウンチが落ちにくいし、それで肌をいためてしまうのです。


こびりつきウンチは、スキナベーブを入れた湯でしぼったサラシでふきとることにしています。石鹸不要の入浴剤だけあって、強くこすらなくてもウンチが落ちるし、肌に優しいので重宝しています。


もうひとつ、かぶれ防止として、お尻を拭いた後、丁寧に乾かしてパウダーをはたいてからおむつをつけています。乾かすのにドライヤーを使うといいと聞いたのですが、毎回持ち出すのはさすがに面倒なので、手近にある物をうちわがわりにして扇いだり、口で息をふーふー吹きかけたり(パパに見られると頭をゴツンされます)しています。ふーふーしている最中にうんちやオシッコをされたことは、幸いにしてありませんが、G3(毒ガス)を「ぷぅっ」と吹きかけられたことはあります(笑)


さて・・・
そうしてウンチおむつ替えをしていたときのこと。
処理を終え、いつものように「ふーふー」しようとかがみこんだところで、HYOが「あう~」「URYYYYYYY」に続く新しい言葉を発しました。



HYO「フォーーーーーーゥ!」
H「!!」
K「!?」


H「い、いま、“フォーーーーーーゥ!”っていったよね・・・?」
そこで気づいたのですが、股間全開のHYOと、かがみこんでいる私。


こ、この姿勢はっ・・・!
技(?)をかける者が寝ていて、かけられる者が起きているだけで、位置関係はまさにブサイク固め(レイザーラモンHGの技)ではありませんかっ!!
そこへ「フォーーーーーーゥ!」とは・・・。

ほんとHYOくんてば、ネタ満載な息子です。
【2007/03/13 00:42】 ママ視点 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『飛び散る涙』
先日、HYOと一緒に「母と子の一ヶ月検診」に行ってきました。
もう一ヶ月・・・早いものです。HYOは体重が4550gになっていて、順調順調(^^)


ただ・・・「臍ポリープ」なるものが発見されました(T_T)
ヘソの緒が取れたあとにぽっこり、白い芯のようなものが残っていたので気になっていたのですが、それがポリープだったのでした・・・。
そのままにしておくと、おヘソのじくじくが止まらないので、翌日に小児科へ。通常は絹糸で縛ったり、硝酸銀で焼くそうなのですが、HYOのポリープは小さすぎて処置できないので、じくじくを乾かすパウダーをもらって2週間ほど様子見ということになりました。


2日連続で病院へお出かけって、赤ちゃん(とママ)にはツライものです・・・。
ところが、またまたHYOの不調を発見! 
左の耳がミョーにクサイ!
ちょこっと綿棒を入れてみると、黄色い耳だれがついてきました。こりゃイカン!と、耳鼻科を受診。3日連続の病院通いです・・・。


幸い、外耳炎にもなっていないとのことで、点耳薬を入れてもらいました。ついでに最近鼻づまりがヒドイので、吸引してもらうことに・・・。

ここまでは眠っていたHYOくん。
モノスゴイ機械音と共に、鼻に突っ込まれたチューブで鼻糞を吸い取られてびっくり仰天!


「WRYYYYYYYYYYYY!」


出てしまいました(笑)
しかも、涙つき。


最初に彼が泣くのを見たときに驚いたことなのですが、HYOは文字通り、涙を「飛び散らせて」泣きます。スポイトでぴゅっと出すような感じ(パパに言わせると、「注射をうつ前に空気を抜くために注射器を押して中身が飛び散るような感じ」)。
ほんと、マンガみたいです(笑) 涙も丸い粒状で。
赤ちゃんてみんなそうなのかしら?

とにかく、忙しい3日間でありました。
【2007/03/11 01:45】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『そこで、このHYOは考える』
ちょびっと大きめに生まれた(そして予定日を過ぎてもママのお腹にいた)HYOは、心身の発育もちょびっと進んでいるようです。


まず、新生児は首が据わっておらず「クタッ」としているものですが、HYOは生まれて2~3日後には、すでに自らの力で首を「よいしょっ」と持ち上げようとしていました。退院後に「赤ちゃん訪問」で来てくれた助産師さんも、HYOがもう自力で首を回すのにびっくりしてましたね(笑)


それから、視力。新生児はぼんやりとしかモノが見えていないものらしいのですが、生後10日ほどでパパやママを目で追うようになったし、焦点の定まりも早かったです。


そして極めつけが、手足の力。
お腹にいるときからかなり暴れる子だったのですが(特にキック力は壮絶。南斗白鷺拳でも修得できそうな勢い)、生まれてもその能力は健在(健脚商売ですな)。まだ生後一ヶ月経っていないというのに、ベッドの中でズルズルと下方に移動したりするので、危なくて目が離せません・・・。
なんかパラパラらしき踊り(目が覚めているときに決まって披露する)を踊っているうちに、どんどんずり落ちていくんですね。布団にもぐった状態を発掘したことが2度ほどあるので、3分以上独りにしておかないように気をつけています。


ところでHYOは、ママのベッド(添い寝つき)とパパの抱っこ(もしくは腹の上)以外で眠るのが好きじゃないようです。しかも、寝かしつけられた後も、たまに薄目を開けてこちらの動きをチェックしたりします。
ここで目が合ったりすると、おめめパチクリ。また最初から寝かしつけにトライする羽目になったりします・・・(^^;)

これ、どういうことでしょうねえ・・・? 偶然目を開けたら動くモノが見えて興味を持っただけなのか、それとも本当にチェックする気でチェックしているのか?(笑) そういう「思考」が芽生えている年齢とは思えないけど・・・。
ほんと、赤ちゃんて不思議です。
S_070218_1357~001.jpg

【2007/03/07 00:30】 ママ視点 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。